スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

―覚者、或いは救世主

地上でただ一人、生命の真意に辿り着いた者。
人間でただ一人、生の苦しみから解放された者。

彼はトワイスの思想に力を貸したのではなく、
トワイス・ピースマンという人間の心の行く末に、その慈悲を示していた。

そして主従に倒されたセイヴァーは咲き散る沙羅(はな)のように消えていった。

「――それが、人類が悟りを得て真如へ至る道であるならば。
我は衆生を救済すべく、刃(ヴァジュラ)を持ちてそれを導かん。」

「命あるものは必ず滅びる。衆生は苦しみの輪廻にいる。
生存の強さをもって悟りへの道を拓こうとした彼もまた、心に神を宿している。」

「道は1つではない。
人の善悪に価値がないように、人の認識では、世界の在り方(うつくしさ)は変わらない。
血塗られた戦いの王よ。涅槃にて共に世の末を見届けましょう。それが貴方の、最期の救いだ。」



こんばんは。いきなりワケの解らん言葉を並べた俺です。

このセリフと、人物が俺大好きなんですよ。

トワイス・ピースマンのセリフでもっといいのがあるんですが、

そっちはまた今度の機会に・・・。

とにかくカッコイイですよね。

分かるようで、分からない事を言ってるんですが、

そこがまたカッコイイんですよ。

それと、トワイスなんですが彼の主張はぜひ聞いておいた方がいいですよ。

戦争について、非常によく語っています。

彼の言葉を聞くと何かしら共感できるところがあると思います。

ただ、内容が深すぎてあまり伝わらないこともあると思います。

まあとにかくググってください。

ゲームキャラのセリフなんで、そこんところは踏まえてくださいね。

さあて・・・。

ネタが究極にないんで今日はこの辺で。さようなら。(´∀`*)ノシ バイバイ
[ 2011/02/28 19:43 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uverlife14.blog68.fc2.com/tb.php/545-c5105313